東日本大震災へ仏教者の救援活動等

救援活動 アーユス仏教国際協力ネットワーク 孝道山 全国青少年教化協議会 シャンティ国際ボランティア会 東北地域寺院活動:いわきの浄土宗青年会の炊き出し活動 ビデオ 脱原発運動 平和をつくり出す宗教者ネットと日本山妙法寺活動 原子力行政を問い直す宗教者の会 お見舞いと弔いの儀 外国仏教者からお見舞い ダライ・ラマ法王(保護者) ティク・ナット・ハン(保護者)

INEB創立者「スラック・シワラック氏」7/24京都、7/26東京

USTREAM 録画 ポスト311を創る~ しあわせの開発学 7/24京都 7/26東京 311以後の世界をどうやって生きていくか。グローバリズムや競争社会、 消費主義にかわる、「つながり」や芸術や土に触れる時間を大切にする暮らし。 私たちは誰でも、それを手にすることができるのです。 「ポスト311を創る」シリーズは、様々な分野のカルチャー・クリエイティブ(文化創造者)たちを お招きし、生き方=働き方・暮らし方を学びあう場。今回は、エンゲージド・ブディズムを提唱し、 東洋的な思想をもって社会変革に関わり、第28回庭野平和賞を受賞された、アジアを代表する 環境・平和活動家、スラック・シワラックさんをお迎えします。 スラックさんと辻信一さんを引き合わせたのは、最新作の映画「幸せの経済学」が話題の ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん。地域住民や若い世代を巻き込んで、シャム(タイ)らしさ、 ローカルにこだわった社会変革モデルに、私たちが学ぶところは大きいでしょう。 辻信一さん翻訳による『しあわせの開発学ーーエンゲージド・ブディズム入門』(1000円+税、 ゆっくり堂)出版記念も兼ねての会。京都、東京の2ヶ所で開催します。 ぜひお誘いあわせの上、ご参集ください。 Sulak: Happines lies “beyond GDP” (BBC TV Hardtalk 6/28) ■京都イベント 日時:2011年7月24日(日)14時~16時(13時半開場) 会場:知恩寺内・端林院(京都市左京区田中門前町103-21) http://www.eonet.ne.jp/~hyakusan/koutuu.html ゲスト:スラック・シワラック(タイ、環境・平和運動家、作家) 聞き手・通訳:辻信一(文化人類学者、環境運動家) 参加費:学生1000円、一般1500円(500ナマケ使用可) お申込み・お問合せ:ナマケモノ倶楽部 info@sloth.gr.jp 共催:ナマケモノ倶楽部、(有)ゆっくり堂 協力:JNEB、(株)素敬 ■東京イベント 日時:2011年7月26日(火)18時半~20時半(18時開場) 会場:見樹院本堂(東京都文京区小石川3丁目4−14) http://www.nam-mind.jp/access.htm ゲスト:スラック・シワラック(タイ、環境・平和運動家、作家) 聞き手・通訳:辻信一(文化人類学者、環境運動家) 参加費:学生1000円、一般1500円(500ナマケ使用可) お申込み・お問合せ:ナマケモノ倶楽部 info@sloth.gr.jp 共催:見樹院、ナマケモノ倶楽部、(有)ゆっくり堂 協力:JNEB、(株)素敬 ■スラック・シワラック (Sulak Sivaraksa): 1933年生まれ。歯に布を着せぬ言論活動で知られるタイの代表的な知識人。社会批評家、学者、出版者、活動家として、1960年代末より、仏教僧侶や学生活動家たちと共に、奉仕活動を軸とする、農村の自立発展のための多数のプロジェクトに参画すると同時に、多くのNGO・社会的起業を創設してきた。タイ語と英語による書籍と論文は100点以上にのぼる。代表的な英文著作に、「Seeds of Peace: AContinue reading “INEB創立者「スラック・シワラック氏」7/24京都、7/26東京”

20日@孝道山:映画「The Economics of Happiness(幸せの経済学)」の試写会

会場は、孝道山の大黒堂会館2F大広間(事前研修で使用した部屋です)です。 20日の予定は、 13時45分 開始(前説) 14時    ヘレナさん入場・紹介 14時10分 上映開始 15時20分 講演会 16時    終了予定 連絡先(必要):田中 孝之(tanaka takayuki) 宗教法人孝道山本仏殿 法務部  〒221-0054 横浜市神奈川区鳥越38番地  Tel:045-432-1201 or IP:050-3386-1958  Fax:045-434-1188  E-Mail:t.tanaka@kodosan.or.jp URL:http://www.kodosan.or.jp

映画「幸せの経済学」完成試写会・対談

◆2/19(土)映画「幸せの経済学」完成試写会・対談 取材依頼(@東京 ) ローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんが来日! スロームーブメントの火付け役、辻 信一さんとの対談がついに実現! 【完成試写会 および 来日特別対談】 映画「幸せの経済学」ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ×辻 信一(環境運動家、文化人類学者)

JNEB研修会:「The Economics of Happiness(幸せの経済学)上映のプレ・イベント」

数十年にわたる高度経済成長とグローバル化の恩恵を与った後、日本ではその代償として、リストラ、国や企業、個人が抱える負債、借金問題、コミュニティ社会の解体や個人の無縁化、自殺問題や精神疾患など様々な問題が顕在化してきた。この状況を抜け出す道はあるのだろうか?あるいは、他にどんな選択肢があるのだろうか?このような状況に対し、ヘレナ・ノルバーグ・ホッジとイギリスに本部を置く国際生態学・文化学会(ISEC)は多くの選択肢があることを教えてくれる。

研修会:仏教と地球温暖化

研修会:仏教と地球温暖化 他 に害を及ぼす事や、暴力、生物を殺す事は仏教の基本的な教えに反するものであり、菩薩の誓願は衆生を悟りへ導く事である。しかし、気候変動や種の絶滅など の環境破壊が起きている現代において、仏教者はその誓願を果たすためにどの様な行動を起こしているのでしょうか? 現代社会の中で地球温暖化などの環境破 壊に対して菩薩行を実践している仏教者の一人にナイジェル・クロハルさんがいる。 ナイジェル・クロハル:ホウト湾テラバーダ仏教センター(ケープタウン、 南アフリカ)代表、国際自然保護連合(IUCN)代表.クロハルさんは世界の環境問題に関心のある仏教者と協力し、「仏教と気候変動国際会議」を2012年に予定している。INEBがこの会議を主催する計画で国際連合と欧州連合が協力する事になっている。 今年10月にクロハルさんは名古屋で国際連合の「生物の多様性に関する条約」会議のために日本を訪れる予定。その合間に東京を訪問し、関心のある仏教者や環境問題に取り組む活動家などと対話を求めている。是非、他国の環境問題に関わっている仏教者達から学び、こうした緊急の問題について危機的な意識を共有する機会に参加していただきたい! 日時:2010年10月22日(金) 時間:18:00~ 場所:心光院(港区東麻布1-1-5)

INEB ニューズ:国際活動とイベント

INEB ニューズ 2010年6月 平和と衝突の解決活動: タイ・カンボジア平和行進:INEB理事会員、カンボジア人、ソータさんとタイ衝突の解決専門家、チャリダさんは最近のタイ・カンボジアの問題に対してタイ人・カンボジア人の共同平和活動を始まった。平和行進は5月第三週の予定。連絡:http://ktpr.wordpress.com/ 南タイの衝突の解決活動:INEB関係タイとスリランカの人はスリランカの紛争祖の経験から南タイの民族的宗教的紛争にたいして衝突の解決活動の予定がある。

シンポジウム:社会を変える仏教、グローバル化する世界の中で

今の社会は「我、消費する故に我あり」だ。「我、呼吸する故に我あり」でもいいじゃないか。 タイの仏教活動家、スラック氏は世界中が経済危機の波に襲われ、また環境問題が悪化している中、経済成長だけを発展の指標としない新しい社会像を描くことが強く求められています。社会が今後進む道は、どの方向を向くのでしょうか。現在、一国でおきたことが、地球規模の影響をもたらします。人々が安心して暮らせる社会を願う宗教者たちも、グローバルな視点を持って足下を見つめる ことがより求められる時代です。このシンポジウムでは、仏教者として社会改革の運動に長年携わってこられた二人を講師とし、グローバル化する世界の中で仏教が果たせる役割と可能性を見つけていきたいと思います。中外日報の記事 スピーカー スラック・シバラック 40 年以上にわたり、仏教国タイにおいて仏教に根ざした社会活動を実践してきている。タイにおいてスラック氏は、仏教を信じ、仏教の精神を持って若い世代を育て、若者の精神性を育み導いてきた、カリスマ的指導者として有名。 International Network of Engaged Buddhists (INEB)の創設者であり、社会に向かって働きかけるとともに、民衆からの働きかけを受け入れ、自己の変革を促してきている。 ハルシャ・ナバラトナ スリランカでもっとも有名な開発NGO「セワランカ」の代表。スリランカのNGO界の指導的立場に立つ。シンハラ人の仏教徒として、スリランカの民族抗争の非暴力的な解決に取り組み、ヒンドゥ教徒であるタミル人の支援活動に尽力したINEBの活動家。1992年にセワランカを設立する以前は、仏教的地域開発を進めているサルボダヤ運動で長年働き、また政府の貧困削減プログラムの大統領アドバイザーを務めたこともある。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日時 2010年6月23日(水)午後1時半開場、2時開演 (5時終了予定。途中、休憩および質疑応答の時間あり。 通訳付き) 会場 本願寺築地別院 聞法ホール http://www.tsukijihongwanji.jp/tsukiji/map.html 主催 JNEB (Japanese Network of Engaged Buddhists)