瀬戸際に立つ:心理・スピリチュアル・ケアにおけるバランスとレジリェンスの回復

ウパヤ禅センター「Being with Dying」プログラム創始者 ジョアン・ハリファックス老師 第2回特別セミナー 2019年4月22日 会場:横浜市 孝道山本仏殿 時間:13:30-16:30 主催:孝道教団・国際仏教交流センター(IBEC) 昨年12月の前回のセミナーでは、現代日本における「苦」の状況や背景、特に著しい精神的な苦しみについて考えた。 この苦しみと向き合う日本の宗教者の様々な関わり方、そして慈悲ある傾聴者・案内人を養成する課題について検討した。 今回のセミナーでは、特に「臨界状態」に関するハリファックス老師の取り組みを踏まえ、慈悲あるケアと関与の課題についてハリファックス老師と共により深く掘り下げたい。 「臨界状態」とは利他心、共感、誠実さ、敬意、関与、慈悲など、宗教に基づくケアの提供者のほとんどが開発(かいほつ)することの大切さを認める感情的な特質のことである。 新著「Standing at the Edge」でハリファックス師は、そのような状態に没入しすぎると、ケアの受け手にも提供者にも有害な様々な行動に繋がりかねないという罠、落とし穴について解説している。 ハリファックス師は、長年の関与の中でご自身で培ってこられた、バランスを回復するための幾つかの実践、たとえば、「不知」、「証すること」、「慈悲ある行動」といった考え方を打ち出した。 特に各宗派の伝統的な教育の中で、これらのケア・スキルの養成に取り組まれている仏教僧侶や他の聖職者にご参加頂きたい。 今日の世俗的な医療の現場でケアのための内的資源を整えようとされている医療とケアの専門家も歓迎する。 プログラム: 13:30 岡野正純(孝道教団統理)による歓迎のご挨拶 13:35 全参加者による自己紹介 13:50 ハリファックス師による「臨界状態」とその落とし穴に関するご発表 14:20 質疑とグループ・ディスカッション 15:00 休憩 15:15 自己ケア、レジリエンス作り、効果的なチーム作りなど、臨床仏教師やケア提供者に欠かせない能力に関するハリファックス師のご発表 15:45 質疑とグループ・ディスカッション 16:30 終了 参加費:1000円 定員:50名、事前にご登録下さい。 問い合わせ・申し込み先: ジョナサン・ワッツ (IBEC) ogigaya[at]gmail.com 会場:孝道山本仏殿 221-0064横浜市神奈川区鳥越38 ジョアン・ハリファックス(Joan Halifax) 1942年生まれ。ティック・ナット・ハンの法灯を受け継ぎ、バーニー・グラスマンから印可を受けた禅僧であり、米国の社会参加型仏教の中心人物の一人。ウパーヤ禅センター代表。医療人類学者(Ph.D.)として70年代から死に逝く人やその家族のケア、教育に従事し、コロンビア大学医学校、マイアミ大学医学部などでトレーニングを提供、ハーバード大学の名誉研究員も務めた。1990年ニューメキシコ州サンタフェに仏教研究と社会活動のセンターとしてウパヤ禅センターを設立。1994年より、医療者・介護者のために瞑想を用いた支援プログラム「Being with Dying」を開発。BWDには全米だけでなく世界各国から終末期医療の専門家が参加している。またダライ=ラマ14世と協力し科学者と仏教者の対話を積極的に進め、医学や心理学へのマインドフルネス導入にも貢献してきた。著書にStanding at the Edge: FindingContinue reading “瀬戸際に立つ:心理・スピリチュアル・ケアにおけるバランスとレジリェンスの回復”

2017 INEB国際総合会議@台湾

慈悲による対立改革 Transforming Conflict through Compassion 仏教が誕生して2500年余りを経た現代社会。 環境破壊、暴力による対立社会、自死・孤立・格差などのさまざまな社会苦・・・わたしたちは今、この世界をどのように見つめ、多様性を受け入れながら「共生」を図ることができるでしょうか。 INEB(International Network of Engaged Buddhist)は、1989年にタイで創設され、仏教団体・NGO、仏教・宗教研究者、またダライ・ラマ14世やティック・ナット・ハン等の世界の精神的リーダーのサポートのもと、アジア・世界各国において人びとの苦楽に寄り添った活動を行ってきました。また近代化・グローバル化が抱える課題に対して、国家や宗教を超えて国際会議や提言を行い、世界をリードしてきています。 2017年は、台湾においてINEB総合国際会議が開催されます。会議では、台湾における臨床仏教の歴史と課題、また台湾が世界をリードする仏教に即したホスピス医療ケア・終末期ケアのあり方を仏教徒・社会活動家・研究者とともに分かち合い、学び会います。さらには、多くの活動事例を通じて、全世界から集まった“サンガ”コミュニティのなかで、ネットワークや情報共有を行っていきます。 日本の臨床仏教は、世界の臨床仏教、21世紀への世界の挑戦と、どのように交じり合い、シナジーをつくりだすのでしょうか・・・11月、台湾でその答えを一緒に解き明かしてみませんか。 開催概要 共催:佛教弘誓學院 & The International Network of Engaged Buddhists (INEB) 国際総合会議 日程: 2017年11月22日−29日          22日:公開シンポジウム「終末期ケアとホスピスケア」     23日:見学ツアー「環境に配慮したケアと人間的ケアのあり方」@慈済会 24~26日:INEB国際総合会議 27~29日:リトリートプログラム ※英語でのご案内はこちらをご覧ください 会場:台北市・桃園市等 参加費・お申込み・お問い合わせ JNEB(Japan Network of Engaged Buddhists)事務局 ジョナサン・ワッツ ogigaya(アット)gmail.com /080-8911-5114 山下千朝 chisa19860928(アット)hotmail.co.jp *(アット)を@に変えてご連絡ください。 *ご参加に関してのご案内 ①プログラムのご参加には、事前のお申込みが必要です。 締め切り/10月31日 ②プログラムのご参加に際しては、部分的に参加することが可能です。 (例:22日開催の公開シンポジウムのみ参加等) 参加費・交通手段等、個別にご相談できればと存じますので、まずはお気軽にお問い合わせください。 For full information in English, visit theContinue reading “2017 INEB国際総合会議@台湾”

環境と平和アピール:韓国済州島江汀(カンジョン)村の軍事基地化

全世界の仏教徒へのお願い 韓国済州島江汀(カンジョン)村の軍事基地化を差し止めて 平和を守ってください 私たちINEBに集う仏教徒は、不殺生戒を実践してきた全世界の仲間の仏教徒とともに、海軍基地建設のため3月19日から始まった韓国済州島の江汀 (カンジョン)村におけるグロムビ岩礁の無分別な破壊行為を、直ちに中止するよう要求する。 韓国の最南端、済州島の江汀 (カンジョン)村にあるグロムビ岩礁は、独特な海岸地形の火山岩である。これらの岩礁は、火山島の地中深くから湧き出る淡水の珍しい湿地を形作っている。そこには数多くの貴重な生物種が生息し、世界でも生態系の保存価値のきわめて高い地域であり、ユネスコによって「世界自然遺産」、「世界地質公園」、「生物圏保存地域」に指定され保全三冠王になっている。さらに、2004年に済州島で最も景色の良い「絶対保全地区」に指定された所でもある。 韓国政府は、しかしながら、この貴重な生態系保全地区に海軍基地建設決め、地域住民の同意や環境影響評価の法的な手続きを無視し、さらに不法にも「 絶対保全地区」指定をも解除した。また、住民の94%が基地建設に反対していたにもかかわらず、韓国政府はこの周辺の土地を強制的に収用し3月19日の爆破を皮切りに基地建設工事を始めた。 この過程で韓国政府は、住民団体を分裂させ、仲の良い家族の絆をも破壊し、基地建設に反対する数百人を無差別的に逮捕した。さらに驚くべきことに、李明博政権は生態系を保全する住民を支援する平和活動家に対して、躊躇することなく物理的な強制力を行使している。 中国の進出に備えた軍事基地という名目で強行されているこの海軍基地建設は、最終的にはアメリカ軍の前哨基地である。遠い未来に想定される米中対立に備えるとの理由で、韓国政府が現在の済州島住民と闘うべきではない、と確信を持って主張する最大宗派の曹渓宗の僧侶と信徒の反対の声に敬意を払い、私たちはこの運動を強く支持する。 華厳経が唱える帝釈天の網に象徴されるように、すべてのものが互いに依存しあう世界にいる以上、多くの他者の苦痛は私たち自身の苦痛でもある。平和というものは、つまるところ、現在と未来の生命系の永続性を守る営為でなければならない。平和は暴力的な手段で達成できないという立場をとる私たちは、平和の島を作るため軍事基地を建設するという韓国政府の立場に同意できない。私たちはカンジョン村で強行される海軍基地建設と生態保全地区であるグロムビ岩礁の破壊を、直ちに中止するよう強く求める。 2012年3月25日 INEB(International Network of Engaged Buddhists) 政府と海軍に抗議メールを送ってください連絡先: 韓国 海軍 : : http://navy.mil.kr/english/main/main.jsp 韓国 総理室 : : http://eng.pmo.go.kr/pmo_eng/main/ 現場の支持メールを送ってください連絡先:  : peacefly@hanmail.net 江汀 (カンジョン) 村守る運動  www.kangjung.com http://www.facebook.com/groups/gangjeong / 海軍基地反対運動  www.savejejuisland.org / http://www.facebook.com/GJpeaceschool