研修会:仏教と地球温暖化

研修会:仏教と地球温暖化

他 に害を及ぼす事や、暴力、生物を殺す事は仏教の基本的な教えに反するものであり、菩薩の誓願は衆生を悟りへ導く事である。しかし、気候変動や種の絶滅など の環境破壊が起きている現代において、仏教者はその誓願を果たすためにどの様な行動を起こしているのでしょうか? 現代社会の中で地球温暖化などの環境破 壊に対して菩薩行を実践している仏教者の一人にナイジェル・クロハルさんがいる。

ナイジェル・クロハル:ホウト湾テラバーダ仏教センター(ケープタウン、 南アフリカ)代表、国際自然保護連合(IUCN)代表.クロハルさんは世界の環境問題に関心のある仏教者と協力し、「仏教と気候変動国際会議」を2012年に予定している。INEBがこの会議を主催する計画で国際連合と欧州連合が協力する事になっている。

今年10月にクロハルさんは名古屋で国際連合の「生物の多様性に関する条約」会議のために日本を訪れる予定。その合間に東京を訪問し、関心のある仏教者や環境問題に取り組む活動家などと対話を求めている。是非、他国の環境問題に関わっている仏教者達から学び、こうした緊急の問題について危機的な意識を共有する機会に参加していただきたい!

日時:2010年10月22日(金)
時間:18:00~
場所:心光院(港区東麻布1-1-5)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: